トップページ | 電磁波シールド素材 | 導電性テープ | 電線チューブ | 電磁波測定器 | 繊維見本 | 問い合わせ
配線ケーブル・電源コード |ロケーション アナライザー|中性サビ取り剤|強力サーチライト|エンジンオイル添加剤|メタックスマスターバッチ(MB)|


エンジンオイル添加剤 ナノドクター




【驚異の治療効果】


【その他の予防効果と性能改善効果】
エンジン始動時の摩擦防止 摩擦抵抗減少でスムーズな走行 

本当に新しいエンジンに交換したような感じです。

10万km走行した自動車でも、ナノドクターを添加しただけで新車のエンジンの状態に戻ります。
既に6ヶ月間約2,000名のドライバーがテストを行い皆さんから賞賛を得ているナノドクターを、
次は、あなたの車でその違いを体感してください。



②オイルタンク側に燃焼ガスが流入(ブローバイガス)
 →エンジンオイルの酸化の促進
 →有毒ガス(カーボン微粉末を含んだ排気ガス(黒煙(PM)の発生)

③燃焼室内にオイル流入
 
→オイル燃焼残渣物が燃焼室内に蓄積
 →エンジンオイルが減少


【エンジン修復のメカニズム
ナノ粒子がエンジンの磨耗とキズ部位にくっつき高熱と高圧により丈夫な金属結合体となり、
エンジンの磨耗とキズを完全に修復します。


磨耗部位は電気的ポテンシャルが高いので電荷を帯びた金属ナノ粒子が選択的に付着します。 金属ナノ粉末は熱と圧力により丈夫な結合体となり完全にキズを修復します。 キズの修復が完了すると残存する銅合金ナノ粉末はシリンダーとピストンの間で潤滑性能を向上させます。




◆キズ修復効果
ナノドクター1本(200ml)には、2000兆個に達する球形の銅合金ナノ粒子が入っています。
その大きさは、わずか髪の毛の太さの8万分の1にすぎないので、オイルフィルターにも引っかかりません。この粒は、すべて(-)極を帯びており(+)極を帯びたエンジンの磨耗されたキズのところに集まり、エンジン内部の高熱と高圧により溶接されているような金属結合をします。

◆ベアリング効果
銅合金ナノ粒子(1000nm)が潤滑剤としてボールベアリングのような役割を果たします。



使用方法新しいエンジンオイルの交換時、標準注入量のナノドクターを添加してください。
添加後にエンジンオイルとよく混ざるように、20分程度のエンジン運転をしてください。
静粛性などの体感効果は、注入後の短期間で感じられますが、治療(エンジンキズの修復)には、
走行距離で400~1,000km程が必要です。この走行距離が過ぎたら、エンジンオイル交換時に
同量のナノドクターを追加注入してください。

お問い合わせ

Copyrightc2006 SHINWA MUSEN Ltd. All Rights Reserved