トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード    価格範囲 円〜
商品カテゴリ

基本システムは、トランシーバー型の子機4台と親局1台。
親局をペア接続すれば、最大8人までハンズフリーの同時通話が可能。

使用にあたっての資格・免許申請や届け出などは一切不要で電波使用料(殆どの無線機の使用
に掛かる税)もありません。購入してすぐに自由にご利用いただけます。
グループ全員が同時に話せる! 特定小電力作業用通信システム
 子機 DJ-M1 
頑丈なポリカーボネート製ボディ。防水の電源用コード10mが付属。
【子機に搭載される主な機能】
※キー操作、呼出し音などの音量を切り換えられます。
※送信キーを一度押すと送信状態を維持。指が疲れません。
※誤操作を未然に防ぐキーロック機能。
※夜間の操作もスムーズ、照明付ディスプレイ。
※バックノイズを軽減するコンパンダー。
 親局 
DJ-M1R (完全防水タイプ)

アルミブロックの削り出し、完全防水の屋外常設対応ボディ。
防水の電源用コード10mが付属。
送・受信周波数専用にチューンされた2本の高性能アンテナ。

コンパンダー回路の採用により、ノイズを軽減した高品質な通話が可能。
12V・24V車、両方にアダプター無しで使えるマルチ電源対応。

充電池パックを6本セットすれば、自動的にバックアップ充電し、停電時でも約2時間動作を続けます。
付属品
マスト取り付け用ブラケット 
ACアダプター
24V車対応シガープラグ用電源コード
DJ-M2R (屋内設置タイプ)


ハードカバー書籍程度の小型サイズ、重さは僅か900グラム。設置は壁掛け時計と変わらない手軽さで、ボディカラーにはどんな環境にもマッチしやすいブラックを採用。

デスクトップとしても使えるデザイン。イベント運営業など、頻繁に移動する業種にもフレキシブルに対応します。

連結用ケーブル(LANケーブルが使えます)で2台を連結、最大8人の同時通話を実現。


送・受信周波数専用にチューンされた、高性能可倒式回転アンテナを搭載。デスクトップ設置でもアンテナの垂直を保てるほか、持ち運ぶときにアンテナが邪魔になりません。
付属品
Mシステムの特徴
基本設定は簡単、親局・子機ともチャンネルと個体識別番号を選ぶだけ。
面倒な設定は徹底的に省略した、使いやすいシステムです。面倒なチャンネル選びをコード化、混信を防止するトーンスケルチもプリセットされています。親局は10にグループ分けした使用チャンネルのうち、1つを決めるスイッチを動かすだけ、子機では親局と同じグループと、各子機の識別に使うコードの2つを設定するだけです。さらに、スケルチレベルやオートパワーオフ、スクランブル秘話などの設定方法は、管理者用に別途説明書をご用意しました。
DJ-M1Rは完全防水ケース入り。
 DJ-M2Rは固定せず、デスクトップでも使える柔軟さ。

アルミブロック削り出しの防水ケースを装備するDJ-M1Rは、屋外に常設ができます。(連結時に必要なコントローラーユニットは防水ではありません)

DJ-M2Rは軽いうえに、付属のゴム足を使えば壁に掛けずに使えますので、移動で運用することが多い職種でも便利にお使いいただけます。

子機には素材にポリカーボネートを採用。道具の取り扱いが荒くなりがちな作業現場などでも使えるタフさが自慢です。(工事現場では本体の保護以外に汚れを防ぐ意味からも、ソフトケースのご利用をお勧めします)

ペア接続で8人まで使えます。
「アルインコMシステム」は親局2台を有線接続することで、最大8人の子機の間で自由に通話ができます。(※防水ケースと配線に加工が必要です。連結セットは受注生産かアフターサービスで対応しますので、販売店にご相談ください。)
モニターユーザーを加えれば、さらに多人数でも通話が可能。
受信専用であれば、子機を増設することで、何人でも通話が聞こえます。また、話す必要が無くなった人が通話ボタンをオフにすればモニターに移り、代わりに抜けた人と同じ設定をした子機を持つモニターユーザーが通話に加われます。用途や使い方の工夫によっては4名/8名以上のユーザーグループでも効率よく作業ができます。
新考案のフリーベルトクリップを標準装備。
EBC-23は通常のベルト以外にも安全ベストのひもやツールベルトなど、幅8cmまで対応します。さらに、スイングすることで、腰に下げた時の違和感を無くし、ストレスが掛かりやすいアンテナやイヤホンジャックへの負担を軽減でき、子機の落下も防止します。
※イヤホンのイヤピースやスポンジ、ベルトクリップなどのスペア部品は販売店でご注文ください。作業用連絡無線機を分解することは法律で禁じられていますので、部品の販売は致しておりません。修理やメンテナンスは販売店又は弊社サービスセンターにご相談ください。

FAQ 〜よくお尋ねされる質問と答え〜
Q1: DJ-M2RにはLANケーブルが使えるようですが、パソコン・システムにつなげられるの?
通話距離が延ばせるの?
A1: 親局の連結には、フル結線ツイストペア・ストレートケーブルタイプのLANケーブルを使います。これは「どこでも手に入る、規格が決まったケーブル」という利点を活かすためで、パソコン・システムにつなぐためではありません。DJ-M1R/M2Rは連結中継器ではありませんから、この線を延ばすことで通話距離が広がるということはありません。また、必ず全ての子機が2台の親局に常に同じようにアクセスできていないと、全員の通話は確保できません。少し距離を取って設置するのは、2台の親局が出す微弱なノイズが互いに妨害を与えあうことを避けることが目的です。
Q2: 連結の設定は、自分でできるの?
A2: できません。使用するチャンネルを内部で設定変更したり、M1Rではケーブルの配線加工をするため、基本または連結どちらかのシステムに決めてお使いいただく必要があります。詳しくは販売店または弊社営業所にご相談ください。ご購入後の変更は、追加するケーブルのような部品があるため、保証期間に関係なく有償のアフターサービスとして承ります。
Q3: 異なる機種間で通話できますか? 他メーカー製でも?
A3: 同じカテゴリーの無線局として認可されている作業用連絡通信システムでも、メーカーごとに搭載する機能などに違いがあり、通話はできません。
Q4: オプションアクセサリーはどれが必要ですか?
A4:

子機用に充電池、充電器、ヘッドセットなどのマイク系アクセサリーが必要です。 EME-19Aは標準的な安全帽にお使いいただけます。ヘルメットを使わない業種には EME-21Aや29Aをおすすめします。子機が一般車や24V車の電源でお使いいただけるEDH-33やコンセントで使えるACアダプターEDC-122も用途に合わせてご購入ください。

またDJ-M1RではEBP-57N充電池を3セット使えば、停電時でも約2時間親局を作動させることができます。DC12/24V環境では必要性は低いですが、親局を常にAC100Vでお使いになるユーザーには万一の時のために推奨するアクセサリーです。

Q5: 5〜6人で使いたいのですが?
A5:

常にユーザーがリアルタイムな会話に加わる必要があれば、連結システムが必要です。ただ、常に通話が必要なユーザーは4人以下で、用事が済んだら受信状態に移ることができ、任意に通話に加わる必要がないユーザーがいる場合は、その人たちの子機を同じ設定にして、通話にも「田中、モニター(受信専用)に移ります。」「鈴木、入ります。」のような話し方の工夫をすることで、基本システムだけでもより多くの人がシステムに加われます。

例えば、常にアルインコMシステムにアクセスしてグループを指揮するリーダーユーザー1名と、必要な通話が終わったら常に送信ボタンをオフにして受信に移るように決められたモニターユーザーを9名、というような設定で運用することも話し方に工夫をすれば可能です。

さらにこの9名の内、通話に加わる頻度の高いAさんとBさんは2人で1つのコードをシェア、中くらいの頻度のC〜Eさんは3人で別のコードを1つ、頻度の低いF〜Iさんは4人で最後の1つを共同で使う、のように子機のコード設定をしておくといった工夫をすれば、一層便利になります。

Q6: 常に4 or 8人が通話していないといけないの?
A6: いいえ、基本システムでは2〜4人、連結では2〜8人が任意に通話できます。システムの原理上、加わっているユーザーが少ないほどバックノイズの少ない通話が可能になります。もちろん、子機の電源を切らない限り、通話状態をOFFにしても他のユーザーの声はモニターし続けることができます。
Q7: 4人や8人が同時に話したら混乱しませんか?
A7: その通りです。でも無線を使わない会話でも大勢が同時に話すことはありませんね。アルインコMシステムの最大のメリットは、複数の人がボタン操作なしで、普段の会話と同じことを、無線を通してできることにあります。
Q8: 本当にランニングコストは気にならないの? 電気代は?
A8:

はい。導入に掛かる免許や資格関連、年間の電波使用料などの経費は一切なく、消費電流は連結システムで子機8台を一斉に充電する、一番多い状態でも40W強と小さな電球1個分、充電が終わってシステムが稼働した状態では僅か数ワットですから、目に見える電気代の上昇はありません。

また、使用頻度に合わせて発生するヘッドセットや、電池など消耗品の交換と機器の故障時のサービス料以外、別途発生するメンテナンス・コストはありません。メーカー保証は親局・子機ともに1年です。


PDFファイル:カタログダウンロード(1.3MB)

ご注文、お見積もりはこちら
メールにて見積もり

※ 関連商品の納期につきましては利用案内ページでご確認ください。
※ 商品情報の正確性、完全性または有用性について保証致しておりません。
※ 大変お手数ですが、ご注文前にメーカーホームページ等で対応機種をご確認下さい。
※ 代引きで複数ご購入された場合、商品が全て揃ってからのお届けとなります。ご了承ください。